久米中最新情報

まつやま子ども 芸能文化大会

 18日(土)の午前中、松山市青少年育成市民大会のプレイベントである、「まつやま子ども芸能大会」が、青少年センター大ホールで行われ、本校の水軍太鼓部が出場しました。
 3年生が引退し、1,2年生31名の新体制で「マックス感動賞」受賞という目標に向かって練習を重ね、大会当日を迎えました。
 久米中学校は、午前の部の1番に出場し、夜空に浮かぶ星々がきらきらと輝きながら流れる様子を表現した「流星」と、太鼓の掛け合いが特徴の「鼓魂」を演奏しました。
 新体制となり初めての大会で、緊張の面持ちでしたが、久米中水軍太鼓部のモットーである「鼓動で感動」を伝える力強い演奏をすることができました。

 今後は、より高い目標をもち、守りではなく攻めの姿勢で、次の大きな大会に向かって日々精進していきたいと思います。